ノベルティは提供するサービスによって使い分けを

ノベルティグッズは販売促進に大変役に立つツールですが、どのような商品・サービスに対しても同じようなものを使えばよいというわけではありません。その時期やサービス等の内容に応じてノベルティグッズを使い分けてゆくことが大切です。ノベルティグッズを効果的に使い分けてゆくためには、まずノベルティグッズが商品・サービスの売上にどのような効果をもたらすかをよく分析して考えてみましょう。
まずノベルティグッズを使うことで得られるであろう効果としては、「商品選択で自社製品を選んでもらう」ことがあります。ノベルティグッズをつけるメーカーや小売店としては、購入時にノベルティグッズをつけることで、他のお店やメーカーと差を感じてもらえることになり、売上が向上するものと思ってしまいます。
しかし意外なことに、単純にノベルティグッズによってメーカーやサービスに差がつくということはあまりありません。これは、最近は消費者が商品やサービスを選ぶときの目が厳しくなってきたことが影響しており、数万円単位の買い物をするときなどには、ノベルティグッズがついていても総合的に値段が高いと感じると購入を控えてしまうようになっているためです。
どちらかと言えば最近ではノベルティグッズの効果としては、全く同じ商品を購入する場合に近隣の店舗と差をつけるという意味で用いられることが多くなっているようです。ノベルティグッズによって確実な効果を得るためにも、どのような用途で用いるのかをしっかり考えて使っていきましょう。
ノベルティ販売サイトはコチラ